あらき由美子

荒木 ゆみこ
日本共産党横浜市会議員

お約束


日本共産党の重点政策

重点政策

あらき由美子の実績と約束

人と人とが信頼しあえる
子育て、介護、安心安全の街づくりを

私の決意

初当選の日から24年間、毎週駅前で市政報告を続けています。10年前には「困っている人に寄り添う」くらしの相談センターを立ち上げました。
税金の使い方を福祉や医療・防災対策等を優先するように変えれば、誰もがもっと安心して暮らせます。皆さんの声をしっかり受け止め、住みよい市政を実現するために、私を再び議会で働かせてください。

araki1

カジノよりも、中学校給食実現の議会を

カジノはいらない
あらき由美子はカジノ誘致に絶対反対

市長は「カジノは白紙状態」と言いながら、誘致に向けた活動を進めています。
カジノができれば依存症の問題や治安の悪化は避けられません。
観光都市ヨコハマ、大好きな横浜に賭博場はいりません

araki2

あります!カジノを止める方法

araki3

市長が手をあげても議会が賛成しない限りカジノは横浜に作れません。

araki4

カジノNO!!の議員が多くなればカジノはやってきません。選挙でChnge!

カジノ反対宣伝

市民の声

「息子はスロットにハマリ家庭崩壊。孫2人との離別。私たちが味わったつらい経験はもうたくさん。カジノ誘致に反対する議員の皆様、市長に誘致の手上げをさせないでください」

横浜でも中学校給食を!

あらき由美子は中学校給食実現を求めます

全国で95%を超える市町村が行っている中学校給食。横浜市は配達弁当の「ハマ弁」を導入しましたが、「おいしきない」「手続きが面倒」などと利用率は2%程です。
中学校給食賛成の議員を増やして、「ハマ弁」ではなく、中学校給食を実現させましょう。

中学校給食「いいね!」

・成長期においしくて栄養バランスの良い昼食を
・みんなで一緒に食べて、食育になる
・食材調達や調理員雇用で地元に還元
・災害時にには炊き出し拠点に活用できる

中学校給食はやる気になればすぐにできます

araki5

防災予算の増額を

あらき由美子は迅速な防災対策を求めます

横浜市は土砂災害警戒区域の約9,800か所の崖地のうち、1,364か所が「命の危険がある崖地」と指定しています。ところが、4年間の対策目標は120か所。市民のいのちを守ることにこそ、予算をしっかりつけさせましょう。

araki6

党市議団の実績光る

araki7

対策対象を広げるようにとの共産党市議団の要請に、市長は、「危険な全ての崖地に対象を広げる」と答弁しました。

araki8

共産党市議団の要請で、全市の危険なコンクリートブロック塀の除去工事に対する補助制度が創設されました。

税金の使い方
Chnge!

巨額の税金がこんなことに!

横浜駅西口に建設される外国人向けの超高層マンションに45億円
10年前に50億円かけて耐震工事した市庁舎
今度は全面建て替えで1000億円!

こんな税金の使い方を改めれば、福祉、教育、防災、まちづくりにあてる財源は生み出せます!

市民に寄り添う。
私と一緒に政治を変えよう。

「消費税10%!また税金が上がる」「雇用不安、生活が苦しい」
「憲法9条は絶対に守る」
こんな声がたくさん寄せられています。
横浜でもアベノミクス同様に、社会保障より借金である市債を増やし、大型開発やカジノ誘致に多額の税金を投入しています。
市民に寄り添う市政、暮らしを豊かにする政治へ。
さあ、私と一緒に政治の流れを大きく変えましょう。

市民+野党の共闘で安倍政権ノー
日本共産党は新しい政治をつくる確かな力

費税、憲法…あらゆる問題で安倍政権の暴走政治と対決できるのは日本共産党です。

araki9

araki10

日本共産党だから対決できる
日本共産党は党をつくって96年。「戦争反対、主権在民」をブレずに貫いてきました。
政党助成金も企業・団体献金も1円も受け取らない政党だからこそ、国民の立場でハッキリとものが言えます。

暮らしやすい南区へ

  1. ひとり暮らし高齢者が多い南区だからこそ、人と人とが信頼しあえる街づくりを目指します。
  2. 3人の子育てをしてきた経験を生かし、子育て・介護・安心安全の街づくりに力を注ぎます。
  3. 南区役所の移転跡地利用については、区民が決められるようにします。

あらき由美子 市政報告動画

新着記事

  • 過去の記事

PAGE TOP