あらき由美子

荒木 ゆみこ
日本共産党横浜市会議員
聞いて聞いて

明日の一般質問の準備で保育園を見に行きました!

2012年6月12日

13日の一般質問の骨子が固まり、待機児童解消に取り組んでいる戸塚区の川上保育園と南区の井土ヶ谷保育園の実態を知るため、白井議員と行きました。

IMG_8106

川上保育園は東戸塚駅に近く、この地域は急速に開発された地域のため保育園の入所希望が多いのです。特に1歳と2歳の希望が多いため、昨年度までは2歳児1クラス22人で見ていましたが、大変だったので、今年は1歳児、2歳児ともに15人ずつの2クラスに分けてよかったとのこと。

やはりひとつのクラスに子どもが大勢いるのは大変なんですね。

IMG_8116

ここはホールだった部屋を年長児の部屋にしています。ロッカーには上の部分が可動式になるように金具で上手に止めてあり、工夫が見えます。

この部屋を必要なときは広げて、リトミックなどのリズム遊びができるようにしているそうです。

IMG_8128

次に井土ヶ谷保育園へ移動し、乳児の定員を拡大するためにこの円形プールと2階への階段を壊してここに新たな保育室を作るという説明を区の担当の方から聞きました。

IMG_8131

園庭に子どもたちが出て遊んでいました。3・4・5歳の子ども達が、走り回るのはかなり大変です。

私が勤務していた戸塚区の舞岡保育園は園庭が広かったので、ドッジボールや野球、靴とり、バドミントンなど多くの外遊びが思う存分できました。それを思うと、こどもの人数からして井土ヶ谷保育園も川上保育園も子どもたちの園庭での遊びには工夫がいります。

写真は、これから園庭工事が始まる井土ヶ谷保育園です。サツマイモの苗を袋にいれて育て、移動可能にしてあるそうです。

どちらの園も子ども達の成長を願う保育士たちの工夫と努力が感じられ、とてもうれしかったですし、励まされました。

新着記事

  • 過去の記事

PAGE TOP