あらき由美子

荒木 ゆみこ
日本共産党横浜市会議員
聞いて聞いて

2日目は仙台市へ

2012年8月5日

IMG_8472

2日目は仙台市へ行き、「東日本大震災後の財政状況について」「東日本大震災後の職員体制等について」を伺いました。現在も、横浜市から12名の職員が派遣をしており、昨年の震災以降、横浜市が多くの職員を派遣し協力していることに、まずお礼の挨拶がありました。

IMG_8466

震災後、国からの復興支援のための補助金の認定のハードルが高く、個人の財産とみなされることには認められないという苦労を、財源担当の方から聞きました。津波で家ごと流された若林区の方たちをはじめ、盛り土により地盤が崩れ家が傾いてしまった地域など、そのための復興にかかる費用は、国は認めないというのです。

IMG_8470

そのため、復興にますます時間がかかり、仙台市だけでの財源ではとても補填はできないこと、また今後の財政計画を作るにあたって、国が交付金額を認定してくれないことには、思うように再建できないことなどがわかりました。

IMG_8473

同じ政令市であっても、予算規模や人口も違いますが、なんといっても政府の対応が決まらないことには次へ進まないという点は、よくわかりました。職員については、これまで人員削減をしてきたそうですが、建築関係など、人が不足していては再建に時間がかかるので、そういう部署には増員して対応しているとのことでした。

市役所の壁に七夕飾りがこのように吊るされていて、この祭りを楽しみにしている地元の方たちの思いを受け止めて、後にしました。

新着記事

  • 過去の記事

PAGE TOP