あらき由美子

荒木 ゆみこ
日本共産党横浜市会議員
聞いて聞いて

こどもの貧困対策予算の拡充を!

2016年3月10日

araki_thumb今日の予算特別委員会こども青少年局の審査で、子どもの貧困対策、児童虐待防止、放課後児童クラブについて質問しました。

 日本の子どもの貧困率は、2012年の国の調査で16.3%となり、2010年のOECD加盟国34か国のうち10番目に高く、先進国の中でも厳しい状況にあります。

2月の本会議で市長が「ひとり親家庭への支援の拡充や、寄り添い型学習支援の全区展開、生活支援の充実などを図る」と述べたにもかかわらず、約1億7.100万円を計上しましたが、前年度と比較してわずか627万円の増、この予算額で「必要な支援が届くといえるのか」とただしました。

私は、実態調査から、生活していくうえで厳しい状況に追い込まれているひとり親家庭の子どもたちをはじめ学童保育クラブの指導員さんのことなどを思いながら、質問に立ちました。その質疑のやりとりはこちらからご覧ください。

新着記事

  • 過去の記事

PAGE TOP